スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2018年05月20日

CRYE JPC 2.0 W/ TYR gunfighter betl AWS BTAP

いよいよギアフェス東北が2週間後に迫ってきましたね。
みなさん軍拡に忙しいでしょうか?
今回の記事は前半は蛇足、後半がギア紹介です。

蛇足はCRYE JPC 2.0のお話です。
デザインが変わった、生地が変わった、廃盤になった、この趣味では本当によくあること。
SUUNTO M9の盤面、LBTのCTとTAN499、CRYEのGEN2 Knee pad。
すべてのアイテムがいつ高騰するかわからない市場を生き抜くために、私はデルタアイテムを集めるにあたって一つ大きな決断をしました。
「多少お金を出せばCRYEはいつでも新品が買える。JPC 2.0は、他が揃った後で良い」

それがまさか
まさか、CRYEが買えなくなるなんて……
いつからかCRYEの生地が変わってしまったのです。それも一見してわかるほど。
特にパルス部分で色味が変わっていて、なんか南国みたいな色味になっています(主観)
また、パッと見で白色の発色が際立っているような気がしますね。
JPC 2.0、AVS、MBAV、すべて新しい生地で作られているようです。

旧生地という縛りによって入手困難になってしまったJPC 2.0。
なぜかused conditionすら出てこず、ここ半年くらい毎日ヤフオクとebayを検索する日々でした。
今回たまたまヤフオクでMサイズの中古が出品されましたので、出品者の方にご連絡して即決終了していただきました。

サイドプレートポーチ、DETACHABLE FLAP M4 FLAT、ラジオポーチ、なども旧生地で付属しており、まさにコンプリートセットです。
おまけにトイソルジャー製ポーチもおつけいただきました。
本当にありがとうございます!
それがコチラ(既に盛り盛りされていますが)


一通り揃ったOPS-COREに合わせるデルタアイテム、長いけど解説していきたいと思います。
まずポーチですが、burkina fasoで確認されたATS medic pouchやCRYE 330D SR25 pouchがついています。
オマケとして、paracleteの.50cal pouchもつけています。容量があるのでユーティリティとして、syriaであればMSRの弾倉を入れるのに使われるかもと思い購入。サバゲーではダンプポーチの役割を果たしてくれます。
ただし国内市場のマルチパラクはかつてのcrye 330dを彷彿とさせる高騰っぷりですね。

フロントの黄色いヤツは見た目にもインパクトのある止血帯。プロトJPCの着用例で有名な元デルタが開発に関わっているといわれるREVMEDX製のTX2です。
背中のバックパックは、EAGLE YOTEかAWS BTAPかわからない画像が散見されますが、私のチョイスはAWSです。
なんとなくEAGLEのほうが後から入手するのが簡単そうだったからです。



ファーストラインはburkina fasoで使われていたTYR gunfighter beltをベースに、
safariland 6354DO、GLOCK22、ACS trigger pouchで盛り盛り。GLOCKには早くDot Opticとmag wellをつけてあげたいです。
当日のサバゲの様子がこんな感じです。


ユルゲ2の時に「次までにはJPC 2.0を揃えたい」と呟きましたが、まさかギアフェス東北に間に合う形で手に入るとは思いませんでした。
ヘルメットやGSGMがないので東北ではトレーニングスタイルとなりますが、素敵な装備勢の人たちに混ざれることを楽しみにしています!  


Posted by 未定 at 23:21Comments(0)OC期

2018年05月03日

ギアフェスに行ってこよう

ご無沙汰しております。未定です。
昨年のギアフェス参加以来、まったく更新していなかったブログですが、
最近はギアフェスの参加を機に装備系の知り合いが増えまして、当日お会いした方や、ギアフェスに向けて開設したtwitterで知り合った方、ひっそりと加わらせていただいたMMRZの皆様、ほうぼうにお世話になりながら楽しく趣味をやっています。

※写真は一部抜粋です※
この数ヶ月に、
DEVGRU装備でユルゲに行ったり、




エアフレームDELTA装備でMMRZさん同行のピースメーカーゲームに参加したり、




オプスコアDELTA装備で先週はユルゲ2にも行ってきました


マリで目撃されたデルタをリスペクトした手抜きだけど手抜きじゃないデニムコーデ。
AOR2合わせのお話いただいていたのにAOR2を玄関に忘れてきたのはお詫びのしようもないです。あと遅刻も……。




そしていよいよ、ギアフェス東北が募集開始とのことです!
開催は6/3、
「バスツアーなら前日から前乗りできて、装備を肴にお酒が呑めるね!」(発表からずっと言ってる)
普段のサバゲーがみんな車移動なので、なかなかミリオタ同士でお酒を呑む機会は少ないですよね。
バスツアーは若干名の募集とのことですが、移動は別でも同じ宿に泊まるとか、できるのかな……?



とにかく皆様のご参加をお待ちしております!
自分はオプスコア・エアフレーム両時代のデルタを揃えて持っていければなあと思っています。
がんばります!
  


Posted by 未定 at 22:54Comments(2)

2017年12月10日

ギアフェスに行ってきた

2017年12月10日、ギアフェスに参加しました。
見渡す限りのギア、ギア、ギア!
荷下ろしでフィールドを二往復するだけでお腹がいっぱいになるほどでした。
だから、今日のブログはちょっと長いです


おひとりさま席には本当に素敵な人ばかりいらっしゃいまして、誰とも喋らず1日が終わったらどうしよう、なんて心配はどこへやら
沢山話して幸せな時間を過ごしました。
ハートロックもギアログも、無線がないことに加えて知り合いがいないのが参加にあたってのハードルになっていたので、今回「おひとりさま席」があって本当にうれしかったです。

自分は二年ぶりくらいに投入したCRYE ACの上下、エアフレーム、JPCと当然手持ち品のフル装備で挑みました。
エアフレームとcom1の連結、VIPライトなどのシグナル、セーフティランヤード、時代に最適なシューズ、あたりが至らぬ点だったかなと。
あとBDU用のIRフラッグや色付きサイリウムは持ってるはずなのに行方不明泣


装備写真はデルタで最初に親しくさせていただいたお方とのツーショット。

装備の年代も比較的近く、とても素敵な方でたくさんお話させていただきました♪
もう一方、歩いているところをスナップさせてくださいとお声がけしたデルタの方!

突然のお願い大変失礼いたしました。腕時計、靴、ヘルメット、完成されているデルタとしてもう憧れしかないです。

実際のゲームについては、勝手知ったるサバパーだけあってキルが取れる時もあればひたすらデスを重ねる回もあった感じ。
ぼくらは総合3位だったのでリベンジしたいですね。
デルタリエナクトで参加して海軍に一位を獲られてしまったので、デルタリエナクターとして雪辱を果たすまで装備系イベントには海軍で参加するわけにはいきませんw


途中で主催のmorizoさんに直接お話できてお一人様席のことを伝えられ、とても素敵な人だなと思いました。
サイバネティックニンジャ製ブラストゲージに気づいてもらえてよかったですw

同じ卓を囲んだ海軍、イタリア軍、自衛隊の方や、隣卓の海軍や無線交信をしてくれた海兵隊の方、
お世話になった方は多々いらっしゃるのですが閉会式や片付けでバタバタして殆どの人にきちんと最後挨拶できてなかったのが心残りです。
もし何かの偶然でこちらのブログやtwitterをご覧になってたら、お気軽に絡んでくださいませ!!
今回はデルタとしての参加でしたが、色んな人との記念撮影に備えて海軍装備やGeissele416など使わない装備も車に積むべきだったと後悔しています。

主催のmorizoさんをはじめとしたMMR-Zの方々、
協賛されたショップ様や東京サバゲパーク様、
何より一緒にギアフェスを楽しんでくださった方々、
楽しい時間をありがとうございました。
写真がほとんどなくて申し訳ない。

ギアフェス2018でまたお会いしましょう!
主催の方々お願いしますー

ギアフェスステッカーもらい忘れたー!!  


Posted by 未定 at 23:59Comments(0)

2017年11月16日

polish a AirFrame

普段のサバゲではスルーできても、イベントになると手抜きができなくなるアイテムはいくつかありますね。
すなわち必須装備である銃とプレキャリと靴以外の、ヘルメットや無線といった装備です。
全体に説得力を出すためには必要不可欠。
しかも無線に関してはゲームで使われることも多いため、イベントを楽しむためには揃えなければなりません。

ギアフェス参加にあたって、まずはヘルメットから完成させてみました。


ANVIS mount / battery BOX
ANVIS spacer repro
blast gauge kimpla custom
CRYE AirFrame helmet cover
OPS-CORE H-NAPE
FMA AirFrame shell / rail

組み込むに当たって、手持ちのanvisのネジとレプリカのスペーサーに付属していたネジがどうにも合わず、
ガバガバのネジ固定をNVGランヤードで補っているような状況でひとまず完成としてしまいました。
ランヤードの保持力が高くて振っても落ちないので安心ですが、組込時にanvisのネジピッチを潰してしまったような気がして後悔しています。

いろいろ盛ってみましたが、満足度の高いヘルメットが横にあると急にリアリティが増して見えるので不思議です。
自宅で装備を付け替えたり、銃をいじるときに傍らにおいて一人満足しています。
ヘッドランプやビーコンにあたるアイテムがまだ足りないので、順次追加していきたいところです。

次回は無線について記事にする予定です。  


Posted by 未定 at 11:08Comments(0)DELTA/CAGAF期

2017年11月14日

Twitter始めました

12/10開催のギアフェスにデルタ枠で参加します。
米軍の中でも古参が集まる(イメージ)部隊にソロで参加するのが怖くでTwitterを始めました。
https://twitter.com/jamjamdamnDD

よければ絡んでください。  


Posted by 未定 at 10:12Comments(0)

2017年09月04日

サバゲに行ってきた⑨


久しぶりにサバゲに行ってきました。
購入したsalomonも投入したので、まずはそちらから言及したいと思います。

写真で比較。




無駄に左右別々で撮りました。


サバゲ終了後に撮影したので砂まみれですが、
赤色で囲われている①Sマーク②GORE-TEXタグ③シュータン形状と内股側上部のデザイン④かかと内股側の白いポツポツしたデザイン
あたりが写真と酷似している部分です。

一方で、黄色で囲ってある内側のデザインの光沢感がミリフォトとは異なるような印象でした。
砂での汚れか、光が当たらない場所で撮影したからなのか、そもそもモノが違うのか、真相は不明です。
それでも1日ゲームしててかなり履きやすかったので、個人的にこのシューズで満足しています。



サバゲーは相変わらずのトレーニングスタイルで無線やプレートキャリアは持たずに参加。
事前準備、持ち帰り、帰宅後の洗濯の手間がすごく楽です。
ずっと観賞用になっていたwilcox riser mount (replica)やsafariland 6354DOを投入したおかげで、前回よりもデルタ感増し増しで遊ぶことができました。

装備が着込める冬までには、プレートキャリアやヘルメットを揃えたいですね。  


Posted by 未定 at 11:56Comments(0)

2017年08月21日

デルタの靴

今回はデルタフォースの靴について考えたいと思います。
のんびり進めてた考察がひと段落したので、今更感もありますがペンドルトンの画像の一部、わかりやすいところだけを見ていきましょう。


まずこちら。

左の二人を見てみましょう。
色使いが控えめで、全体的に"黒い"印象を受けますので、salomonがミリタリー向けに製造しているforcesラインかと思われます。
足の甲部分(シュータン)の凹字マークみたいなデザインを考えると、forcesのなかでも「salomon forces xa pro 3d mid」が一番写真と近いようです。
GTXなのかどうかはちょっとわかりません。画像検索するとシュータンのデザインも2パターンくらいあります汗



さて、次はこの写真です。

これは甲部分のSマーク、右足くるぶし外側あたりにあるビニールタグ、左足のかかと内側にある白いポツポツしたデザイン、などから考えると、
「XA PRO MID GTX」が近そうです。
ただしソールデザインが見えないので若干もやもやは残ります。


最後に、この画像を見てみます。

これは甲部分のカラフルなマークから「XA PRO MID GTX ULTRA」が近いように感じていたのですが、
記事を書いているうちにネットで見つかるこの靴の画像には、写真のようなソールの赤い部分がないことに気づきました。
したがって、おそらく別のモデルが正しいのだと思います。


結局二足にしか言及できてませんが、その二足も100%間違いないと言い切れるわけではないので、読者の方の参考程度に役立ててもらえれば幸いです。
そしていつの間にか10000PVありがとうございます。
更新してなくても閲覧数が増えてもらえるのは、ありがたい限りです。

次回はsalomonの購入記事になると思います。早めに書きたいものです。  


Posted by 未定 at 15:25Comments(0)DELTA/CAG

2017年03月14日

東京マルイ HK416 DELTA CUSTOM

いよいよHK416 DELTA CUSTOMが発売になりましたね。
デルタといっても、今まで揃えたエアフレームもJPCもCRYE pouchも使えず、新たな茨の道が待っていることは明白です。
しかし、買ってしまいました。

初めて買った次世代電動ガンがSCAR-L FDEであるくらいのデザートカラー好きなので、個人的にストライクゾーンど真ん中なライフルです。


さて、デルタが使うgeissele416としては、LA-5, M600C, XPS TAN, G33 booster, wilcox eotech riser,といった全色タンカラーのセットアップが鉄板だと思います。
boosterを外したり、wilcox riserもboosterもつけずにXPSのみだったりするバリエーションもありますね。

狙撃にフォーカスしたセッティングとしてVORTEXのrazorを載せた例も見受けられ、その場合もハンドガードに穴が7つある14.5inchと、今回マルイさんから出た穴が5つある10.5inchで2パターンあるようです。



ただ、アームズマガジンの特集記事や東京マルイのプロモーションでもミリフォトを分析したデルタ装備が書かれているものが殆どなく、これが名前通りのデルタカスタムとして普及するか些か疑問が残ってしまいます。
インターネット上の反応を見ていても、普通にガイズリーカスタムとして受け入れている人が多数派な印象を受けました。
(私の友達もデルタに興味があるわけではないですが、ガイズリーハンドガードに惚れ込んで購入していました。タンカラーバリエーションというだけで嬉しいですよね←タンカラー好き)


以下、主観でレビュー(興奮していたので写真を撮っていません)
受け取り後すぐに用意してあったSureFireタイプサプレッサーをつけようと思ったのですが、フラッシュハイダーが外れません。
説明書を見ても回す向きは間違っていないため、マイナスドライバーを挿して力を入れやすくして回したり、そのドライバーをハンマーで叩いたりしましたが外れず、マルイさんに電話をすることになりました。

マルイさん「フラッシュハイダーを固定している小さなネジは外しましたか?」
私「(フラッシュハイダーを固定するネジ???)」

説明書をよく見ると、ハイダー固定用のネジを外してから回すと書かれています……。
強引に回したので、アウターバレルのイモネジを受ける穴が広がってネジ山を少しつぶしていました。
今までに使ってきたエアガンでハイダーの固定にイモネジを使ったタイプはなかったので、完全に想定外でした。
ただし、このイモネジは純正フラッシュハイダーの固定に使うため、サプレッサ/サイレンサーや社外品のフラッシュハイダーなどイモネジを使う構造になっていないマズルオプションには必要ありません。
強引にハイダーを外そうとした私の416でも、SFサプレッサーを問題なくつけることができました。
また、イモネジがないからといて緩んできたりはしませんので、私みたいに知らずに削ってしまったとしても実用には問題ないかと思われます。

geisseleタイプのハンドガードにはQDスリングスイベルの受けもついています。
こちらマルイさんからQDスリングスイベルが発売されるようですが、手持ちのGG&G Tactical製スリングスイベルがカッチリはまりました。
HK純正のハンドガードを使っている時代の画像を参考に購入したものでしたが、案外geissele時代のアイテムとしても”アリ”なのかもしれません。



いろいろなアクセサリーをつけてもガタがなく、実物スリングスイベルにも対応しているなど総じて満足度の高い商品でした。

デルタとしてはM600Cのマウントが最後の難関ですね。
DEVGRUのようにS&SのLowpro mountを使おうとしても、排熱口の間隔が異なるので難しいようです。
海外のスレッドを見ていると「I ended up direct mounting with some cobbled together screws and washers」なんて一文がありましたが、ガタつかないレベルで直接取り付けるのは至難の技のように思います。
情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら教えてください。  


Posted by 未定 at 20:25Comments(0)DELTA/CAG

2017年02月19日

ペンドルトンに憧れて CAG's VTAC sling

先日VTACスリングについて記事にしましたが、今日はペンドルトンの写真に注目するとまた違ったものが見えてくるというお話です。

手っ取り早く写真から見てみましょう。

左はMCのテープですね。
真ん中は影になっていますが、明るさをあげると柄がついてるように見えますからMCテープのようです。
右は単色のテープですが、パッド部分がコヨーテかマルチカムかは不明です。


ちょっと画質が落ちますが、
左はMCテープのようです。青い鋏が映えています。
真ん中は単色テープで、パッド部分については不明。
右はテープパッド共にコヨーテ確定ですね。


こちらはどちらもMCテープと見受けられます。


要するに、最近の画像になるにつれてマルチカムテープのマルチカムスリングが増えているというお話でした。
新しく発売するDELTA HK416につけるなら、MCテープのVTACスリングが素敵ですね。  


Posted by 未定 at 14:15Comments(0)DELTA/CAG

2017年01月22日

ブルキナファソに憧れて CAG's VTAC sling

あけましておめでとうございます。
GLOCK22に続き、geissele搭載416までもがマルイさんから発売することになりましたね。
G22についてブログで書いたような気がしたのですが、検索しても90"22"bしか出てきませんでした。
それくらい稀にしか更新しないのにトータルアクセス数が8000を超えていてびっくりしています。
ありがとうございます。



今日はCAGが使っているVTACのスリングについてのお話で、ブルキナファソで撮影されたこの写真は今回の内容を綺麗に表す一枚といえます。
写真の鮮度としては一年遅れですが、パッド部分を見比べるに左がマルチカム、右がコヨーテのようですね。
(CAGという呼称については深く考えない)
基本この二色が主流で、故ryan氏や基地内でのトレーニング写真など、一部では黒いスリングを用いてる画像もありますがVTACかどうか判別出来ません。




こんなマルチカムのVTACスリングですが、warriorsさんのブログを見ると2012年頃にマイナーチェンジされているようです。
従来はクッション性のあるパッドの部分のみマルチカム、テープ部分はコヨーテと同じカラーでしたが、
マイナーチェンジによりテープ部分もマルチカム柄になっているとのこと。
CAGの写真ではテープ部分がマルチカム柄なものは殆どないような気がします。
(※いまペンドルトンの画像を見返していたら、所々マルチカムテープらしきものが見受けられました。パッドはコヨーテもマルチカムも確認できますが、マルチに関しては単色テープとカモテープの割合が興味深いところです)


以上、ペンドルトンの写真で仮説が崩れたものの、
もしかしたら単色テープのマルチカムVTACのほうが”通”っぽいかもしれないというお話でした。
同じカーキテープでも、調整タブが黒いとコヨーテでマルチカムはカーキカラーという見分け方ができる気もします(厳密に確認していない)。
尚、私は無難なコヨーテカラーを使っています。
DEVGRUが愛用するAOR1のVTACも、いまでは同じようにAOR1カラーのテープになっているかもしれませんね。

プレートキャリアはCRYE JPC 2.0やAVS、ヘッドギアはOPSCOREなどと更新されている一方で、
ウェアの上下やニーパッドではCRYE AC、スリングは一部VTAC MCの古いモデルが使い続けられているなど、新旧の差は興味深いですね。
ACに関しては本当によく使い続けられるなと感心します。  


Posted by 未定 at 18:58Comments(0)DELTA/CAG