スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2016年10月23日

サバゲに行ってきた⑧

半年ぶりくらいに416を撃ってきました。
一人参加だったので定例会ではなく、タクティカルトレーニングです。


トレーニングスタイルはBDUを用意しなくて良いので準備・片付けが楽です。
今日はプレートキャリアも持っていかずに、ジーパンにCTのリガーベルトと、Tuff-Tie(http://tufftie.com)を吊って装備を組んでみました。

LBTのコヨーテタンはこれぐらいの濃さのジーパンによく映えると思います。




Tuff-TieはO'neil氏の動画にでていたコレですね(多分
過去最大級の"大物"を買ったらサービスでつけてくれたのですが、正直二本じゃ足りない。
本命の大物についての記事はまた後日。。。




先日ネックバンドタイプを購入したTactical6Sですが、レプリカのcomtacについてたヘッドバンドにwarriors製レザーカバーをつけました。
しっかり遮音してくれる一方で、集音ダイヤルをONに回していくにつれて穴が開いたように周りの音が聞こえてきます。
さすがの実物クオリティ。



肝心のトレーニングはというと、静止した状態で当てるのは簡単ですが、左右に移動しながらの射撃はブレてしまって難しいですね。
静止状態での射撃も速度・精度はまだまだ。
普段の定例会では索敵時間もあって1ゲーム60発程度しか撃ちませんが、トレーニングは撃つか休むかなので弾の消費が早く経験値は積みやすいと感じます。
貸切されていなければ事前予約もいらないので、たまにはトレーニングも良いですね。  


Posted by 未定 at 23:55Comments(0)

2016年10月15日

Peltor Tactical6S

世間はハートロックファイナルでさぞ盛り上がっていることでしょう。

私は無線系を持っていないので、結局一度も参加することができませんでした。
そんな今回は「無線系持ってなくてかっこつかない問題」をお安く解決できるお話。
要するにTactical6Sをつけて、トレーニングスタイルにするわけです。


そんなわけで、amazonさんで買いました。
たくさん入荷したのか、ここ最近値下がり気味。
ネックバンドタイプです。

そのまま放置してしまうとパフパフ部分が押し合って変形してしまうので、それを防ぐために画像のアダプターがついています。
取り出すときには気づかず落としてしまうと思うので注意。



箱を開けたら緩衝材が一切ない状態でむき出しの6Sが入っていたわけですが、一緒にsafarilandのhearing protector holderも入ってました。
絶対純正の付属品じゃなさそう。個包装のパッケージだし、流通のどこかの段階で誰かがぶち込んだと思う。
調べてみるとベルトにつけることで、耳から外したイヤープロテクションを保持できるアイテムらしい。なかなか便利。




"トレーニング感"を強化できるオマケが手に入りました。
そろそろサバゲに行きたいです。
  


Posted by 未定 at 19:16Comments(0)DEVGRU/REDTEAM

2016年09月18日

MSAP side plate pouch

お久しぶりです。
先月くらいに買ったデルタ物(?)の記事を書きたいと思います。



最初気づかずにただのJPCなんだと思っていましたが、胸部に注目してみると仕様が違う。
なんじゃこりゃ、と見ないフリをしていましたが、MSAPのサイドプレートポーチなのではないかな、と。


実際にJPCにつけるとこんな感じで、かぶさっているCTRストックを透かして心の目で比較すると、結構似てる。
陸軍のミリフォトでは、このサイドプレートポーチをアドミンポーチとして使用するケースはちょこちょこみられるようです。
確かにサイズ的にはばっちり。むしろ、サイドプレートポーチなら何故フタにベルクロがついているのか謎ですらある。
自分が買ったのはなんか古いカラーらしい(よくわかっていない)のですが、色味も近いですよね。
タグなしなのでよく知りません。

これつけるとマガジンの抜き差しがきついし、今までつけてたビッグフラッグパッチが完全に行き場をなくすのですが、個性的なので気に入っています。
代わりについているUSフラッグは何年も前にACUを買ったら付属してたやつです。

色味はともかく、かなり安く手に入るデルタアイテム(陸全体アイテム?)としておすすめできます。
ポーチの詳細が分かったので、次はこのパッチの詳細がわかるといいですね……  


Posted by 未定 at 15:29Comments(0)DELTA/CAG

2016年04月29日

DELTA AOR2

今回記事よりカテゴリ機能を活用していくつもりです。


さて、デルタでは砂漠用と森林用の迷彩としてAOR1,2をテストしていたという話は有名です。
結局森林迷彩としてはマルチカムが採用されたため、DELTA×AOR1は画像が残っているもののAOR2は珍しい。
有名なスプーナー氏の写真なのでベテランの方には今更だと思います。



DELTAでAOR2をテストしている時期の写真なのでしょうか。
見えている面積が小さいのでマルチカムだとスルーしてましたが、よく見るとAOR2。
我が家にある海系装備のAOR2よりも緑が薄そうなのでBLOCK1?
クライ・マニアックスでもデルタに納入された噂があると書かれていました。
よく見るとスプーナー氏の隣の人もAOR2です。

こんな上空でよく写真撮ったなあ。  


Posted by 未定 at 21:54Comments(0)DELTA/CAG

2016年02月27日

サバゲに行ってきた⑦

最近日本のエアソフターでもCIFが話題になってきたおかげで私の目にも止まるんですが、凄いですよね。
「cryeポーチ×エアフレーム×416=デルタ」という今までの私の基準を華麗にぶち壊して行きました、fuck。
もはやパッチでしか断定できないよ……


CIFについてゆるーく探ったところ、「欲しければCIFでもcryeポーチを入手出来る」という記事を目にしました。
まあ、あり得る話ですよね。
陸特ではかねてよりパラクレイトが愛用されていたわけで、その改良版/後継品であるCRYEのproductsを使わない理由がない。
CIFといっても優秀な特殊部隊ですから、有る程度装備への要求は通りやすいのでしょう。
cryeのポーチを追加購入する程度なら、GPNVGやAVS10への更新みたいに膨大な予算が必要なわけでもありません。
しかしまぎらわしいのである。

それよりなによりJSOC隷下じゃなくても416って使うんですね。
デルタにアタッチしたとき限定でしょうか?
SEALsに416納入されたら発狂ものかもしれません。




ええと、先日ホワイトベース定例会に行ってきました。

いつもAssaulterに逃げていたので、Sniper。
Atlas Bipodはつけていくの忘れました。


SniperならYOTE使ってもいいな、と思ったのですが、荷物増えるのが嫌でやめました。
EAGLE製のYOTEが我が家に来たのは数年前ですが、はたして外に持ち出したことがあっただろうか。
プレキャリの背中はこちら。
redbackone画像からAOR1 NJPCといえばLBT charge AOR1という印象ですが、
コンマガのクライマニアックスで実NJPCの紹介の折、
「放出時にEAGLEのチャージボーチ×2とoldgenのLBTハイドレーションポーチがついていた」
とありましたね。

NJPC×EAGLE charge AOR1はアリ!
(しかし私のはプラドットです)
Sniperの背中にMK13くくりつけつってどうなの(汗  


Posted by 未定 at 01:32Comments(0)

2016年02月15日

CAGっぽさ④ anvis mount

あけましておめでとうございます。
年末年始の忙しさにかまけて装備をいじるのをサボっていたら、ギア棚にカビが生えました。

新年一発目は大物です。
もっと年間所得が高くなったら買うんだろうなぁとか思ってたけど、分をわきまえずに買っちゃいましたanvis mount & battery box。



到着してしばらく放置してたらネジを紛失したので、マウントはまだついていません。
anvisといえば陸空で有名なんだとか?海出身で全くわからないから完全に見よう見まねです。
欠品のバッテリー電池は単三電池で代用できるらしいけれど、ジャンク品で買ったわけではないとはいえ電池入れても動くとは思えない。
そもそもanvis系NVの実物を買う予定がないから一生確かめることもないでしょうかね。
そして軽い。おもちゃみたいっていうレビューを見ましたけど、まさにその通りですね。
落っことして割れそう、撃たれて割れそう、なのでサバゲには持っていく予定がない。果たして何のために買ったのか。

anvisの配線を這わせるにあたってアイテムを少しいじりました。
気に入っているのはTAN IR Flagの中を配線が通っているところです。 両サイドにつけたTAN IR Flagはコンシャツから取り上げたので、ACには今度OD IR Flagを買って機嫌を直してもらおうと思います。
anvis battery boxにTAN IR Flagを貼ってる有名なミリフォトがありますが、検討した結果そんなに国旗ばかりいる?と感じて中止。
ヘルメット三か所+コンシャツ一か所+プレキャリ一か所で計五枚やん。お値段もバカになりません。

あと、いつだったかブラストゲージについて取り上げたときにミリフォトと比較した記事を書きましたが、よく見るとエアフレームカバーのスリットではなくてパラコードの部分についているようなのでその点は訂正しました。


散財ペースが落ちているのにブログペースが追い付かない。
もう少し頑張って更新します。そのうちミリタリー用SNSアカウントも作りたいです。
その前にネジ買わなきゃ。
  


Posted by 未定 at 21:51Comments(0)DELTA/CAG

2015年11月21日

CAGっぽさ③

先日ミリタリ棚に飾ってあったバドワイザーが落下・破裂し、回転しながら中身を撒き散らす様子を見て(フラッシュバンを投げ込まれたみたいだ)とか思いながら唖然としてました。おかげで部屋は水浸しでしたが、アルコールの蒸発はさすが早かった……


いきなりですが"デルタじゃね"、と言われるこちらの画像。

カンガルーのペンはシャーピーっぽいけど、ウォーリアーズさんで取り扱っているブルーカラーとは少しちがうみたいです。
いつかウォーリアーズに入荷するだろうと諦めていたものですが、新宿ルミネエストの文房具屋さんで普通に取り扱われていました。メンズファッションフロアである6階なので男性でも行きやすいです。
並べてみる。

ネオンカラーとありますが、暗闇で光るのでしょうか?まだ試していません。

他にもピンクやイエロー、さらにノック式のシャーピーペンまであったので一通りお買い上げ。

ウォーリアーズ展開の三色とは異なるシャーピーとして、フロントに堂々とセットアップしておきます。


今回はもう一つネタがありまして、この間中野のウォーリアーズさんを訪れた所、ブラストゲージの店頭在庫がラスト1だったので思わず買ってしまいました。想定外なだけに手痛い出費ですが、もともとチェスト用には買ってあったのでどうせなら全てキンプラ製で揃えたかったんです。オンライン在庫はあるみたいなのでお求めの方はお早めの決断をオススメします。
二つで¥13000か……サバゲで被弾して壊れたら泣くわ。

まずは無難にチェスト。



あ、色塗ってなければシールも貼ってない。




お次はヘッド。

CRYEのエアフレームカバーにはまるでブラストゲージ用の切れ込みがあるんですよね。実際この位置につけているミリフォトもあります。



うーん、素敵です。サバゲの時はFMA製をつけていこう(真顔
外すには5.56の弾頭部分を使うとスムーズですよ。


以上です。
  


Posted by 未定 at 01:24Comments(0)DELTA/CAG

2015年11月10日

CAGっぽさ②

他のミリブロの方々がカテゴリーで記事を分けているというのに、どうして自分はタイトルで分けているんでしょうか。
初めこそいずれはカテゴリを整理する予定でしたが、すでに面倒くささを感じています。

→カテゴリー分けしました

さて、装備フリークには上から下まで拘る方が多いと思いますが、プレートキャリアや銃といった目立つポイント以外にも小ネタを仕込みたいですよね。
銃やプレキャリ盛ったりするのと同様に、シャツを盛ったりヘルメットを盛ったりしたいわけです。

今まで止血帯はプレートキャリア下部につけていましたが、地面に置いたときに自立させることができずに不便でした。
着用時にはそこそこ映えるだけに、自宅のギアロッカーで「しんなり」しているJPCにはいつも申し訳ないと思いながらも放置。
今回パッチを外してブラストゲージのダミーをつけたらフロントがかなりオシャレになったので、そろそろ止血帯を楽にしてあげることに。

↗まるで元々止血帯のために設けてあるかのような絶妙なベルクロの切れ具合!実際この位置だけベルクロがないことによって、ポケットをわざわざ開かずとも外から引っ張るだけで止血帯を取り出せますよね。(ただ、その目的で設計されたにしてはミリフォトでの使用例が少なすぎる)




オマケで右肩も紹介(よく分からないけど縦向きにアップロードできない……)



右肩も左肩もベタですね。
以上、シャツの"盛り"でした。


  


Posted by 未定 at 22:22Comments(0)DELTA/CAG

2015年10月18日

サバゲに行ってきた⑥v スタミナ定例会Ⅱ

心臓を捧げよ!

エルヴィン団長カッコいいです。


今回はサバゲーパークのスタミナ会第二回に参加した記事です。
ギリギリ一週間以内の更新です(酷

事前の発表通り30ゲーム行われました……ちょこちょこ休んで参加したのは15〜20ゲームくらいかな。

ゲーム終了後はセーフティに戻らず移動になるので、リアカンゲーマーには厳しいですね。120発携行して大体ワンゲーム60発使うので、計算上は二回行けるものの不安です。90発あればそのまま参加しますが、30発も撃たない時というのは大抵序盤で死ぬ時なので給弾する猶予があるんですよね笑

最初は黄色チームで戦っていましたが、人数差による再編成で友人と赤チームへと裏切りました。

ホラ、REDTEAMだからさ(言い訳

個人的にはツーマンセルくらいが気楽です。




一緒にいったお仲間(何人か写ってない)





AOR1なお方とツーショット


銃の塗装が良い感じです♪

※午前中なのでまだ黄色チーム




マッスル企画でしたが、アームバーやダンベルには触らずに終わりました。復活待ちでスクワットしたくらいです。でもプロテインは沢山食べておきました。楽しかったです。

この日に限って暑かったですねえ。  


Posted by 未定 at 16:29Comments(2)

2015年10月09日

DEVっぽさ①

今更ですが、自分の416は実CTR化してあるので外付けバッテリーのGPSポーチは外せません。
いつもデルタデルタ言いながら私の手元からはLBTのGPSポーチ(最近はやたら相場高いですね?)とM4-2000サプレッサが潮臭さをプンプンと放っていました。

しかし一向にデルタ的サプレッサも不明なので416に合わせて海に浸かることにしました。
もともとSEALs目指してサバゲ始めたので、海軍装備は殆ど揃っているんです。
これからちまちまその紹介をしていこうと思いますが、今日の記事は蓄えていたネタではなく、たまたま買い足したものです。


"ダニエルウィンクラ―"と"コレ"のどっちを尻につけるかで悩んだデヴオタは数知れず。
一つ目はLBT製9022B AOR1
(まあ赤タグなんですが)

多分買ったのなんて二年前なのにサバゲで一回も使っていない気がする……
サバゲとは違ってボルダリングに出掛けた時に、自己満足で着けていこうかと思った時はありました(未遂です)

9022BはSEALでも使えると思うんですが、どちらにせよ腰につける人が殆どではないでしょうか?
白状すると「ひょろがりDG」様で記事になるまで全く気付かなかった(というか記事を読んでも分からなかった)のですが、自分のPCで高画質で見て意味が分かりました。

MOHのPVからのスクショです、確か「FIRETEAM」です。
世にも珍しいプレキャリに9022Bをつけているオペレーターです。
自分のNJPC(レプ)を見ながら個性が欲しいと思っていたので、すぐに真似させていただきました。
「9022b contents」で検索したら個包装の平たいものや、小分けされた液体チューブが入っていたので、包帯・ガーゼ・ベビー用清浄綿を百均で買い、コンタクト消毒用の小分けチューブとクランプと一緒に詰め込みました。結構膨らんでます。PVの方もパンパンですね。
サバゲは愚か写真撮影でも分からない部分ですが、細かく拘ると満足感が違います。


二つ目はP226のホルスターに使う螺子です。
レプリカなのか実物なのか最早覚えていないP226ホルスター(でも刻印はある)ですが、螺子穴側の基部が中途半端で付属のネジでは基部まで届かない穴がありました。
ブラックホークホルスターについている螺子が何なのかホームセンターで確認したところ、M4というサイズみたいです。
M4とは、運命を感じますね。。。
自分はM4×10mmのネジを買いましたが、少し長いようで締めこんだらホルスター側が隆起しました。

お買い求めの際には8mmくらいで良いと思います。

それでは今回はこの辺で失礼します。  


Posted by 未定 at 00:16Comments(0)